FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻実 初逢瀬(その23終)

麻実の身体から力が抜けたのを感じ、
こちらも徐々に刺激を弱め、動きを止める。

しばらくそのままで過ごしたのち、
コンドームの脱落を防ぐため、
萎え始める前に身体を離す。

始める前と同じように、
私の肩を枕にして、身を寄せてくる麻実。

「…イケました。」

「うん、よかった。」

そんなごく端的なやり取りの後、
夕方からの断続的なプレイに体力が尽きたのか、
そのまま寝入ってしまう麻実。

彼女の寝息に誘われて、
私もそのまま寝入ってしまった。

その後の記憶は今一つおぼろだが、
夜中と明け方にどちらともなく絡みあい、
同じ体位で、麻実を絶頂に導くことができた。

次に目が覚めたのは、
ホテルのチェックアウトまで
1時間半ほどのタイミングだった。

さすがにこの時間からのプレイは敢えてせず、
そっとベッドを抜け出してさっとシャワーを浴びる。
身支度を済ませてバスルームを出た。

カーテンを開けて、遅い朝の光の中、
コーヒーを淹れるためにポットで湯を沸かしながら、
前日に買い出しておいた朝食を準備する。
そこで麻実が目を覚ました。

麻実にシャワーを浴びてもらい、
テーブルを囲む。

「今回の目標は達成できましたか?」

「ええ!
どんどん気持ちよくなってきて驚きました。」

「それはなによりです。
きっと、これからますます気持ちよくなりますよ。」

「えへへ。すごく楽しみです。」

「彼氏さんと色々試していってくださいな。」

少し微妙な表情が彼女の顔をよぎった。
やはり、少し恋愛感情が生まれそうになっているようだ。
極力、さっぱりと素っ気なく過ごすことにした。

朝食を済ませて、彼女が身支度を整える。
私も部屋を片付け、チェックアウトの準備を整えた。

今日は1日時間があったので、
麻実を地元まで車で送ることにする。

1時間半ほどのドライブで、
日本海沿いの彼女の住む町の近くまで来た。
ちょうど昼時になったので、
ランチをご一緒する。
麻実のオススメのノドグロの煮付けは絶品だった。

「また、こっちに来られるときは、
連絡くださいね。」

彼女の自宅の近くのコンビニで車を止め、
麻実を降ろす間際に彼女が言う。
すこし切なそうな表情が気になったが、
努めて軽く明るい調子で応えた。

「また来ますよ。きっとね。
それじゃ、お元気で。
気を付けてね。」

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

麻実 初逢瀬(その22)

コンドームを手に取り、
麻実の脚の間に身体を入れる。

彼女の手が、
自分の唾液に濡れた怒張に伸び、
感触を確かめるように柔らかく握る。

パッケージから取りだしたコンドームに、
麻実が手を伸ばしてくる。
着けてくれようとしたようだが、
手で押しとどめた。

気持ちは嬉しいが、
装着の際の先端部分の空気抜きが
不十分だと危ない。
私の場合、挿入している時間が
長くなりがちなのでなおさらだ。

手早く装着を済ませ、
麻実の中心部にあてがう。
と、彼女の脚が私の腰に巻き付いて、
挿入を促された。

わざとゆっくり麻実の中を進み、
時間をかけて全長を彼女に埋め込む。

両腕で私に抱きつきながら、
身体をのけぞらせてそれに応える麻実。

これまでの行為での様子と比べて、
明らかに快感が深い。
うまくいけば、麻実の最初の目的を
達成できるかもしれない。
あせらずに慎重に刺激を深めて行く。

彼女の手が、シーツを掴み、
私の背中に爪を立て、
私の腰を掴んで、もっと強く深い刺激を求める。

それを焦らせるだけ焦らしながら、
徐々に麻実の希望の強さに近付けて行く。

先ほどまでの行為で感じた
彼女の快感の天井に近づいた時に、
ふと思い立って、麻実の脚を閉じた。

彼女の中で当たる場所が変わり、
麻実の口から出る嬌声のトーンも変わる。
ほどなくして、
絶叫に近い長い叫び声が、
ホテルの部屋に響いた。

麻実 初逢瀬(その21)

しばらく麻実の唇と舌の動きを堪能した後で、
彼女の頭を撫でながら声をかける。

「麻実さんにもしてあげますよ。
そのまま上に跨っておいで。」

一瞬の間をおいて、
その意味を理解した麻実は、
おずおずと体勢を変える。

私の股間に顔をうずめたまま、
顔の上に跨る彼女。

目の前に現れた麻実の秘部は、
透明なぬめりが内腿に伝うほどに濡れている。

両腕を彼女の腰にまわして、ヒップを掴み、
彼女のひだを唇と舌でなぞる。
ただし、麻実の愛撫を邪魔しない程度に、
極軽い刺激にとどめて焦らす。

お互いに口で相手の性器を貪り合う
濃厚な時間が流れ、すぐに時は満ちた。

軽い刺激で焦らされ続けたせいか、
内側から湧きあがる快感に負けて、
ついに麻実の口が私のモノから離れる。

「あぁん… うぅん…」

何かをねだるような喘ぎ声を上げて、
身もだえる彼女。

私も彼女の秘部から唇を離して問いかける。

「次はどうしてほしい?
言ってごらん。」

わずかの時間、逡巡しただけで、
麻実はすぐに答えた。

「…して、ほしいです。」

「何を?」という問を発するほど若くもない。
彼女の腰から腕を解き、
私の上から身体をどいてもらうように促す。

私が起き上がると、
麻実は、私の横で仰向けになり、
恥ずかしげもなく脚を開いた。

麻実 初逢瀬(その20)

ベッドに横になって、麻実を待つ。

髪を洗ったのか、ドライヤーの音が
バスルームから聞こえてくる。

その音が止まってから少しして、
麻実がバスタオル姿で、バスルームから出てきた。

そのまま、ベッドサイドでバスタオルを取って、
私の隣にもぐりこんでくる。

仰向けになっている私の肩を枕にして、
身体を寄せてくる麻実。

先ほど生まれた邪な欲望が心の内に蠢くが、
そういう時に自分から動くと、
ろくな結果にならないことが多い。

彼女の背中を掌でゆっくりとなでながら、
そのまま寝に入るように装う。

やがて、彼女の身体が微妙に反応し始めた。
こちらも触れ方を変えて、
彼女の身体に点いた火を煽る。

「…ん」

麻実の口から声が漏れる。
それを合図に刺激を止めた。

麻実はしばらく身体をもじもじさせていたが、
やがて何かを我慢するように
身体を固くして動かなくなった。

30秒ほどの我慢比べの時間。
彼女の葛藤を制したのは性欲だった。

意を決したように、
麻実は私の首筋に唇を押しつけてきた。
そのまま、首筋から胸元にかけて
舌を這わせてくる。

私は完全に受け身になって、
彼女の愛撫に身を任せた。
こういう時は好きにさせて焦らした方がいい。

麻実の愛撫が私の怒張に至るまで、
さほど時間はかからなかった。

麻実 初逢瀬(その19)

歯を磨いてからバスタブに移る。
髪と身体を洗い流し、
ゆっくりとシャワーを浴びていると、
控えめなノックが聞こえた。

「どうぞ。」

ドアを開けて、麻実がバスルームに入ってくる。

「おっと、すぐに上がりますね。」

「いえ…
一緒に入ってもいいですか?」

「大歓迎ですけど、
ちょっとせまいですよ?」

そのまま、シャワーカーテンを開けて、
麻実がバスタブの方に入ってきた。
軽くキスして、彼女の全身に
シャワーで湯をかける。

「えへへ。」

「本当に嬉しそうですね。」

「楽しいです。」

ボディソープを手にとって、
彼女の全身を洗う。

「あはは、くすぐったいです~」

「女の子なんだから、
ちゃんと綺麗にしておかないとね。」

胸も脚の間も容赦なく洗う。
その行為で私の劣情のスイッチが再び入った。

その感情を隠しながら、
シャワーで麻実の身体の泡を流し、
私は先に身体を拭いて上がる。

テーブルの上を片付け、
ベッドサイド以外の照明を落とし、
ベッドにもぐりこんで、
彼女が出てくるのを待った。
プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。