FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理津子 初逢瀬(その20終)

放心している理津子をベッドに残し、
ざっとシャワーを浴びる。

最後の行為の後、
私と女性のどちらが先にシャワーを浴びるかは、
悩ましいところだが、
時間がタイトな場合は、先に浴びてしまうことが多い。

男のシャワーなんて、ほんの2、3分程度だが、
時間のあるときは、
しばらく添い寝したあとで、
レディファーストを気取りたいものだ。

ベッドに戻ると、理津子が寝入りそうになっていた。
ここで寝入られてしまっては時間的に少々まずい。
少し強引に目を覚ましてもらって、
シャワーを促す。

彼女の衣服等も一緒にバスルームに持ち込んでもらい、
そのまま身支度してもらうことにした。

バスルームから水音がしはじめるのを待って、
私も服を着て、部屋を片付ける。

互いに身支度が終わって、
お茶を入れたテーブルを囲むと、
10分程の時間が残った。

「…今回はいかがでしたか?」

「勇気を出して、来てみて良かったです。
すごく気持ちよかったし、
ああ、私、セックスが好きなんだなーって、
感じることができました。」

「そう言っていただくと、
遊び人冥利に尽きますね。」

「ジュンさんって、遊び人だったんですね(笑)」

「あれ? 言ってませんでしたっけ?」

「言ってませんよ~。
でも、ジュンさん、本当にイかないんですね。」

「女性が気持ちよくなってくれれば、
それで十分に満足ですからね。
というより、そっちの方が大切です。」

「そんな男の人もいるんですね…
今回は色々と、すごく勉強になりました。
ありがとうございました。」

「いえいえ、こちらこそ。」

そう言いながら、お互いに頭を下げあったあと、
目を見合わせて笑った。

「さて、そろそろお送りしましょうか。」

「はい。」

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

理津子 初逢瀬(その19)

コンドームを着け終わって、
理津子の脚の間に腰を進める。

フェラに集中し過ぎたのか、
少し愛液が足りない様子になっていたので、
指とペニスの先端を使って、
改めて理津子の秘部をやさしくなぞる。

「…んぁ、んんっ…」

彼女はすぐに快感に没頭し始める。
やがて理津子の肉襞は、必要な潤いを回復し、
彼女の甘い呼吸に合わせて微かに息づくようになった。

理津子に体重をかけないように覆いかぶさり、
彼女の秘部の中心に怒張を当てがう。

「さて、入りますよ。」

「…はい。お願いします。」

「力を抜いて…」

理津子が息を吐いた刹那、
体重を腰に軽く乗せる。
最初の挿入とは比べものにならないほどスムーズに、
怒張が彼女の中に入り込んだ。

「あっ、ああっ…」

理津子の口から、艶を帯びた嬌声が上がる。
痛みは全くないようだ。

ゆっくり、しかし一気に彼女の一番奥まで貫いた。

その後は、ひたすらに挿入で耽る展開になった。
正常位から、対面側位、騎乗位、バックと体位を変え、
理津子の経験の浅い身体を存分に貪る。

最初の挿入よりは少し大きな緩急をつけながら、
挿入したままの小休止をはさみ、
理津子の身支度の時間だけを残して身体を離した。

理津子 初逢瀬(その18)

屹立した私の怒張を恐る恐るといった様子で握りながら、
理津子は照れたようにいう。

「彼には下手って言われるんですが…」

「でも、彼のことはイかせてるんですよね。
十分だと思いますよ。
遠慮せずに、いつもどおりしてみてください。」

「はい…」

彼女が意を決したように、
目を閉じて、舌先を怒張の先に延ばす。

舌先を小刻みに動かすチロチロとした
少しぎこちない刺激が伝わってくる。

「もっと強くして大丈夫ですよ。」

「あ、はい…」

それを合図に、手で上下にしごきながら、
亀頭を口に含んでの刺激を始める理津子。

「ああ、気持ちいい。」

彼女の刺激により、
私の怒張も一段と硬度が増した。
理津子も口の中でそのことを感じているだろう。
あまり大きくない理津子の口は、
ほぼ私のモノで占められてしまっている。

彼氏に少しは仕込まれたのか、
色々なパターンの刺激を試そうとしているが、
もう一歩のところで引いてしまう感じが惜しい。

とはいえ、挿入前の愛撫としては
十二分に気持ちいい。
しばらく好きにさせることにした。

5分弱ほどのプレイの後、
理津子が少し困惑している表情を見せたので、
彼女のの乳首に指先を伸ばして軽くつまむ。

ふさがれた口の代わりに、鼻から甘い声が漏れ、
それを合図にして、理津子が口を離す。

「…ごめんなさい。上手じゃなくて。」

「そんなことはありませんよ。
すっごく気持ちよかった。
フェラでイかないのは、私が特異に鈍いんです。
気にしないでくださいな。」

「…そうですか?」

「そうです。
それを証拠に、ほら。」

「…そうですね(笑)」

「しますか?」

「はい(笑)」

再び体勢を入れ替えて、
コンドームを着けた。

理津子 初逢瀬(その17)

理津子の顎を指先で軽く持ち上げる。
一瞬視線が交錯し、彼女は両目を閉じた。

ゆっくりと唇を重ね、
やがて互いに舌先を絡め合う。

長いキスの後で唇を離し、
彼女を立ちあがらせて、
手を取ってベッドにいざなう。

ベッドに座らせる前に、
理津子の身体を覆っていたバスタオルをはぎ取り、
白い肌と整ったプロポーションを露わにする。

彼女をベッドの上に仰向けに倒し、
そのまま覆いかぶさって再び唇を合わせる。

理津子の身体に指を這わせながら、
長く長く唇と舌を貪り合う時間を過ごす。

徐々に指先が滑らせる範囲を核心に近付けて行く。
今回は最初から彼女の身体がピクピクと反応する。

じっくりと彼女の身体の形を堪能してから、
満を持して茂みの奥に指を伸ばすと、
すっかり準備ができた秘部を感じた。

ぬめった裂け目の形を指先でゆっくりとなぞる。
すると、今まで甘い吐息を吐いていた口を閉じて、
理津子が身体を起こす。

「ん、どうかしましたか?」

彼女の視線が、
私の半勃ちになったモノに向いている。

「…あの、口でしていいですか?」

「おや。それは嬉しいですね。
それじゃ、していただきましょうか。」

理津子と身体を入れ替えて、
咥えやすい体勢を作る。

脚の間にうずくまった彼女が、
おずおずと手を伸ばしてきた。

理津子 初逢瀬(その16)

理津子には名器の素質があって、
今後のお相手も早漏にしてしまう可能性が高いと話した。

「わー、すこし嫌な予言をされちゃいましたね。
心配です。」

「10人に1人くらいは、
少々の名器には負けないような男がいますから、
そんな男を探してくださいな。」

「はい(笑)
でも、好きになる前にそんなのわからないですよぉ。」

「好きになる前にセックスしちゃえばいいんですよ。」

「えっ、それは…」

「好きになっちゃった相手のセックスが、
とてもとても残念だったら困るじゃないですか。」

「それはそうですけど…」

「大丈夫ですよ。
今日もこうやって好きでもない相手と
セックスできたわけですし。」

「あっ。
…そういえばそうですね。」

理津子の目がいたずらに輝く。

「幸運を祈ります。」

「はい(笑)」

そんな感じで話の区切りがついたところで、
プレイの続きを切り出す。

「えっ? またしてくれるんですか?」

「…もしかすると、
これで終わりって思ってましたね?」

「…はい。」

「お嫌なら、正直におっしゃってください。」

「い、嫌だなんてそんな…
むしろ、お願いします!」

「それをきいて安心しました。」

そう言いながら、
理津子の顎に指先を伸ばした。
プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

喉の奥までつらぬいて

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。