FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美樹 一期一会(その15終)

何度目かの美樹のフェラでの目覚め。
朦朧としながら横目で時計を確認すると、
そろそろ身支度を始めてもらった方がいい時間だ。

「おはよう。」

彼女に声をかけると、
美樹はすぐに顔を上げて、
私の上に乗ってくる。

一晩でお互いが習得したベッドマナーは、
「目が覚めたら相手を襲う」こと。

ただし、今回で最後の挿入になりそうなので、
彼女の身体を私の横に転がして、
敢えてすげなく言う。

「そろそろ時間かな。
シャワー浴びてきますか?」

しかし、つい先ほどまで期待を込めて、
私のモノを愛撫していた美樹は、
それでは治まらない。

腕を私の首に絡ませ、
濃厚なキスで続きをねだる。

「それじゃ、これで最後だからね。」

美樹の身体を再び脇に転がし、
わざと億劫そうに起き上がって、
ベッドボードの上のコンドームを探す。

と、ここで致命的なミスをしたことに気付く。
コンドームが尽きた。

8枚から9枚は持ち込んだはずなのだが、
昨晩からの、挿入の繰り返しで使い切ってしまったようだ。

ホテルはラブホテルではないので、
備え付けのものもない。

それを伝えると、美樹のことだから、
生での挿入を求められるだろう。

黙って指と舌でイかせることにした。

すっかりイキやすくなっていた美樹の身体は、
期待していたものとは異なる刺激に対しても、敏感に反応する。
おかげで、無事に何度かイかせることができた。

「シャワーを浴びておいで。」

脱力している美樹を促す。

時間が押していたので、並行して後片付け。
ゴミ袋のコンドームの数が濃厚な一晩を物語っていた。

--------------------------------------------

その後、美樹からは何度か逢瀬の申し入れがあったが、
宿泊が前提となるとアレンジが難しい。

また、この手の女性は、欲しい時はすぐ欲しいという傾向があって、
今日か明日会いたい、というリクエストになる。

何度か予定がすれ違ってしまった結果、
その後はどうしてもタイミングが合わず、
そのまま自然消滅となった。

惜しいような、ほっとするような。
そんな気分。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

美樹 一期一会(その14)

夜中の行為も楽しいものだが、
未明という時間帯である以上、限界はある。

途中から眠気がぶりかえしてきたので、
騎乗位から、対面座位、正常位を経て、
先ほどの対面側位の体勢に。

「あ、このカッコ…」

「イっちゃいなさい。」

時間帯のせいか、先ほどよりは少し感覚が鈍いが、
ほどなく3,4回達して、彼女は果てる。
そのまま、2人とも寝落ちしてしまった。

しばらくして、再び身体をまさぐられる感覚で目が覚める。

「…美樹ちゃんは、本当にエッチ好きだね。」

と言いながら、コンドームだけ付け替えて、
美樹に覆いかぶさる。

この辺りから、記憶がおぼろなので、
詳細を書くことはできないが、
一通りの行為を経て、彼女を何度かイかせて、
再び寝落ちしてしまった。

次は、私の方が先に目が覚ました。

背中を向けて寝息を立てている美樹の秘部に
指を滑り込ませる。
先ほどの行為の余韻で、
お尻の方までぬめったままだ。

コンドームを付け替えて、
背面側位でまだ眠っていた美樹を貫く。

「…ぅぅん、あっ?!」

変な声を上げて彼女が目を覚ました。
耳元で囁く。

「しかえし。」

それを合図に、嬌声を上げ始める美樹。

そんなことを一晩中繰り返して、
気がつくと、カーテンの隙間から
日の光が差し込むような時間になっていた。

美樹 一期一会(その13)

「いつからしてたの?」

思わず美樹にたずねる。

「20分くらい前。
ねぇ…」

そう言いながら、
美樹が私の身体に跨ってきた。

「ほしいの。
もうこんなに…」

私のモノを手で導き、
そのまま彼女の中に飲み込もうとする。

私は半分寝ボケていたが、
彼女がコンドームなしで
挿入しようとしていることに、
かろうじて気がついた。

「…ちょっと、ちょっと待って。
ゴムなしはよくないでしょ。」

「ジュンさん、イかないでしょ。
あと、ピル飲んでるからいいの。」

「いや、そういうことじゃなくてね。
…とにかく、そこのコンドーム取って。」

「えー、
私、ナマの方が気持ちいいのに…」

「私は早漏なので、
ゴムで刺激を弱めないと負けるんですよ。」

「嘘つき。
ナマでさせてくれって言う男はたくさんいたけど、
私から迫って拒否されたのは初めて。」

照明を少し明るくして、
美樹がブツブツ言いながらも
取ってくれたコンドームを着ける。

「はい、おいで。」

待ちきれないように私の上に跨る美樹。
彼女の秘部は、十分に潤っていて、
私のモノを一気に根元まで飲み込んだ。

しばしの馴染ませるような腰使いの後、
美樹はそのまま奔放に腰を振る。

時折、下から鋭く突き上げて、
彼女の最も奥の部分に刺激を与えながら、
嬌声をあげて乱れる美樹の痴態を楽しんだ。

美樹 一期一会(その12)

身体を離し、美樹をベッドの上に放置して、
ベッドサイドの椅子に腰を下ろす。

完全に脱力し、あられもなく脚を開いたまま、
徐々に荒い呼吸を落ち着かせていく彼女。

酷使したコンドームをはずし、
お茶を飲んで一息つく。

美樹にも水分補給しようと思い、
立ち上がって様子をうかがうと、
荒かった呼吸は、いつの間にか安らかな寝息に変わっていた。

無理に起こすまでもない。
彼女の身体に布団をかけ、
シャワーを浴び、部屋を片付ける。

激しい行為の反動で、
私も少し眠気を感じていた。

照明を落として、美樹の隣にもぐりこむ。

少し身じろぎをした彼女に、

「おやすみなさい」

と声をかけて、私も眠ることにした。


どれくらいの時間が経っただろうか。
気付いた時には、周囲はまだ真っ暗で、
未明と言える時間帯のようだ。

…気持ちいい。
激しい行為の後なので、
朝勃ちに相当する現象が起こるのはわかるが、
それにしても気持ちいい。

意識がはっきりしてくると、
美樹が私の股間に顔をうずめていることに気がついた。
最初の男をイかせるためのフェラではなく、
男を回復させ昂ぶらせるためのフェラ。

このままずっと寝た振りをしていようかとも思ったが、
意を決して、彼女の頭に掌を乗せる。

私が目を覚ましたことに気付いた美樹は、
私のモノから口を離して言った。

「やっと起きた。」

美樹 一期一会(その11)

美樹は普段のセックスの相手には不自由しておらず、
そのセックスも十分に楽しんでいる。

そんな彼女が、
私のような見ず知らずの男に身体を開くのは、
何か非日常的な体験を望んでいるのだろう。

目の前に現れた、
美樹にとっての非日常のきっかけを、
逃す手はない。

私の腰に乗せられていた彼女の右脚に
腕を絡める。
その腕に、少しテンションをかけ、
最も奥まで入るように美樹の腰の角度を微調整した。

短時間で2回イかされた美樹は、
呆然とし、目を閉じて、荒い呼吸を繰り返している。

「もうイっちゃったんですか。
淫乱な身体ですね。」

そのよう挑発めいた言葉に、
何か反論しようとした彼女を制するように、
美樹の深いところに鋭い突きを入れる。

「…っ!」

そのまま、連続して強い刺激を送り込む。

「あぁっ、またイっ…」

ものの数10秒で、強制的にイかされる美樹。

少し刺激を緩め、呼吸を整えさせた。

意識が戻ってきそうになると、
間髪をいれず、再び同じ刺激で昇り詰めさせる。

何度も何度も、そんなことを繰り返した。

やがて彼女の喉から聞こえる声が、
女の嬌声から獣の叫び声に変わる。

10回を超えるそんな繰り返しの後、
最後に、呼吸を整える間を一切与えずに、
3回続けて頂点を極めさせた。

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。