FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逢瀬の時間

逢瀬の時間、といっても詩的な意味ではなく、
逢瀬のための物理的な時間の長さことだ。

多くの女性とお逢いして気がついたのだが、
セックスで過ごす時間の感覚というのは、
人によって随分と大きな差がある。

1時間に満たないものと思っている女性から、
一晩中でも楽しみたいと思っている女性までいて、
本当に人それぞれだ。

概ね、それまでのパートナーとのセックスにかける時間が、
そのままそれぞれの女性の標準になっている。

たとえば名器の女性は、相手の射精が早い傾向があるので、
挿入に至ると「もうすぐプレイが終わる」と思いこんでいたりする。

私はどちらかというと長時間プレイ嗜好なので、
その辺りの感覚のズレがすごく大きいことがあって、
女性を戸惑わせてしまったりすることもある。

そんなこんなの行き違いがあったので、
最近は初めてお逢いする女性の場合、
逢瀬の時間を4時間くらいに設定することが多い。

それでも長いじゃないかと思う女性もいると思うが、
最初の1時間は概ね話を聴くのに必要な時間だし、
最後の1時間は余裕を持って身支度を整えてもらうのに必要な時間だ。
正味のプレイ時間は2時間ほどということになる。

それでもなお長いかなと思う女性もいるかもしれないが、
途方もなく長いという印象ではないと思う。
逆にこれより短いと、「性感の開発」という目的に、
大きな差し障りが出るようになる。

何かしら新しい感覚を感じてもらうには、
それなりの準備なり助走なりが必要であって、
丁寧にそれを進めていくには、
やはりある程度の時間が必要だ。
正直120分でも厳しいのだけど、
ぎりぎりの妥協点だと思っている。

ただ、性感の開発の進展していくにつれて、
長い時間を望むようになる傾向がある。

「初めて話を聴いた時は、
8時間も何をして過ごすのかと思ってました」

と言っていた女性が、
10時間でも時間が足りなく感じるように
なっていくのは嬉しいものだ。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

不倫の終わり

独身女性と既婚男の組み合わせの不倫は多い。
出物腫れ物ところ嫌わずとはいうけれど、
この組み合わせばかりは本当にバランスが悪く、
とりわけ女性が辛そうなところが切ない。

確かに既婚男には、
少なくとも結婚できる程度の器量があり、
特定の相手がいるという意味で余裕があるように見える。

それらが総合的に異性としての魅力として認識され、
恋愛市場における平均的な値付けは低くない。

すると結構な数の女性が、
既婚男に引っかかってしまうことになる。

Twitterを始めて以降、
そんなフォロワー独身女性の日々の苦しみを聞くことが多かった。
しかし、最近になって何人かが、不倫関係に終止符を打った。

幸い多くは嫁バレの類ではなく、
自主的な恋愛関係の終焉だったようだが、
それに至るまでの経過には紆余曲折があった。

概ね独身女性が関係のアンバランスに耐えられなくなって、
関係の変調が始まる。
別れようと思って実際に相手にそう伝えてみたりもする。

しかし、相手への恋愛感情が残っているうちは、
その試みが成功することは稀だ。

よく治っていない傷のカサブタを剥がすようなもので、
痛い上に出血してまたカサブタができてしまう。

では、どのようにして終焉を迎えたのか。
一番ハッピーなのは、
新しい(不倫ではない)恋愛相手と出会うパターンだ。

よく言う「女性の恋は上書き保存」の喩えのとおり、
見事に不倫恋愛を上書きして幸せオーラを纏っている。

Twitterアカウントの元々の目的が
不倫恋愛の愚痴をつぶやくためだったりすると、
そのままアカウントが消えてなくなったりするけど、
それはそれでとても幸せな状況だ。
そのまま幸せになっていってほしいと切に願う。

もうひとつのパターンは、
カサブタの下の傷がいえるまでじっくり待った上で、
自ら関係を絶つタイプ。

それでもかなり痛みはあるようで、
苦悩している様子が伺えるが、
気持ちが吹っ切れると、
あっさりと新しい相手が見つかって
ハッピーになるパターンに移行することも多い。

ときに略奪愛を成就する女性もいるが、
お相手が不倫をする男だという印象は拭いがたいようで、
その後の暮らしが平穏なものになるかどうかは、
普通の恋愛よりもハードルが高いように思う。

色々なパターンを見てきたが、
独身女性にとって不倫恋愛を続けていくことは、
単純に辛い時間が続くということを意味する場合が多い。

先を見て物事を決められないからこそ苦悩するのだが、
先人の身の処し方は多少なりとも参考になると思う。

既婚男でありながら独身も含めた女性に逢っている私も、
人のことは偉そうには言えないが、
少なくともお逢いする女性の恋愛の対象にならないように
今後とも気をつけていきたい。

梓 再会(その22終)

松葉崩しからバックへ。
バックから横に倒れて後背側位へ。
本能の趣くままに、梓(あずさ)と交わり続ける。

彼女は何度もイっているにも関わらず、
それでも行為をやめようとしない。
しかし、次第に夜も更け、
何度かの体位の変化と
何度もの絶頂の後に、
互いに力尽きて寝入ってしまった。

次に気が付いた時には、
すでにカーテンの隙間から光が差し込み始めていた。
どちらともなくもう一度身体を合わせる。

2度ほど梓が達したところで身体を離し、
ベッドから起き出した。

互いにシャワーを浴び、身支度を整える。
よそ行きの装いを整え、
お茶を載せたテーブルを囲んだ頃には、
チェックアウトの時刻まで30分を切っていた。

「すごくイきやすくなってましたね。
正直いって驚きました」

「私もおどろきました(笑)
すごく楽しめました。ありがとうございます」

「いえいえ、私もすっかり楽しんでしまいました。
ありがとうございました。」

「何かヘンなやりとりですねぇ(笑)」

「非日常ですからね」

私の方はかなり疲れた顔をしているんだろうなぁと自覚し、
まぶしい朝日に目をしょぼつかせながら、
清々しい表情の梓を駅まで送る。

その日の夜に届いたお礼のメールには、
「またお会いできて嬉しかったこと、一晩かけて身体で伝えられましたか?」
と書かれていた。

梓 再会(その21)

梓(あずさ)おそらくイったようだ。

普通にイけるようになってきた彼女には、
もう少し先の快感を見せてみるのもいいかもしれない。

梓の身体を横に倒す。
そのまま上下入れ替わって、
彼女の上にのしかかり、唇をふさいだ。

そして、再び腰を使う。
最初はゆっくりと大きく。
やがて深く鋭く。

「んぁっ、ああっ、あーっ!」

我慢ができなくなったのか、
私の唇を振り払って、
大きな嬌声を上げる。

私は上体を起こし、
彼女の大きく開いた脚の付け根に
腰を突き入れながら、
梓の乱れる痴態を楽しむ。

やがて、彼女の膣内が、
ひときわ強く私の怒張を締め付けた後、
彼女の全身から力が抜けた。

こちらも刺激を緩めて様子を見る。
刹那の無反応の時間の後、
梓の身体は再び反応を始める。

その様子を見て、
彼女の右脚をまたぎ、
左脚を肩に担ぐ。
そして、再び一番奥に腰を突き入れた。

梓 再会(その20)

梓(あずさ)の腰の動きを制する。
そして、こちらが動けるだけの、
スペースを確保するため、
彼女の腰の位置を調整した。

「うぅん…」

快楽を貪ることを止められて、
梓はもどかしそうに身をよじる。

その様子をしばらく楽しんでから、
満を持して下から鋭く突き上げた。

「あっ! ああっ!」

突然の強い刺激に、
背中をのけぞらせて声を上げる。

続けて大きなストロークで重い刺激を送り込む。
梓は、なすがままに刺激を受けれて、
快楽を深めていく。

「あぁ… 気持ちいっ… んぁっ」

名器の梓の中が強烈に私自身を締め付けてくる。
やがて、彼女は自分の身体を
支えているのも辛くなってきたようだ。

梓の身体を抱き寄せ、
私の上に身体を預けさせる。

改めて、彼女の尻をしっかりと掴み。
さらに強く腰を突き上げる。

枕に押し付けられた梓の口元から、
くぐもった嬌声が漏れる。

その声は段々とトーンを上げ、
ついには声にならない声になった後、
急に途切れた。


梓 再会(その19)

別の生き物のように硬くなっていた肉の棒が、
梓(あずさ)の秘部にめり込んでいく。
彼女の淫らな肉に分け入っていく感覚が、
私の劣情を更に刺激する。

「…んぁっ」

梓の尻が私の脚の付け根に押し付けられる。
彼女の一番奥の部分に怒張が突き立った。

「あぁ…気持ちいいです」

視線を交わして互いに微笑みあう。

「梓さんの好きに動いていいですよ」

「…はい」

梓は少し不慣れなのか、
おずおずと腰を動かし始める。
私は彼女の豊かな胸に手を伸ばし、
乳首を軽いタッチで弄ぶ。

「んっ… んんっ… あっ…」

中の気持ちいい部分を自ら探り当てたのか、
ぎこちなかった動きが
徐々に滑らかさを増す。

快楽を引き出す行為に没頭し、
無心で腰をゆする梓の姿を見上げて悦に入る。
豊かな乳房が揺らし、
ショートの髪を振り乱しながら、
夢中になって快楽を貪る梓。

しかし、その行為による快感はどこか頭打ちで、
より強い刺激を求めるのだが、
登りつめられずにもどかしく感じる様子が
見て取れるようになった。

そろそろいい頃だろう。
梓の胸を弄んでいた手で、
彼女の腰をしっかりと掴んだ。

梓 再会(その18)

梓(あずさ)が上目遣いでこちらを見る。
快楽で蕩けそうになっていた意識を戻し、
彼女の期待に応える。

「…ほしいの?」

「…はい」

「じゃあ、そのまま上においで」

梓はこちらににじり寄って、
腰の位置を合わせ、
恥ずかしそうにまたがろうとする。

彼女の秘部に指を伸ばして確かめる。
十分に濡れているようだ。

ベッドボードの上に手を伸ばし、
コンドームを探す。
たまたま手を伸ばしたところに置いてあり、
すぐに手に取れた。

梓を軽く抱き寄せてキスをする。
そして、彼女の乳首を唇で愛撫しながら、
痛いほどに勃起した私のモノを
コンドームで包んだ。

「はい、いいですよ」

コンドームが付いていること確認させるため、
梓の手を取って怒張を握らせる。

彼女は指で軽く触れながら、
膝を進めて怒張の真上にまたがった。

梓は、そのまま私のモノの先端を、
自分の潤いの中心にあてがう。

彼女のぬめりが、
コンドーム越しにもはっきりとわかる。

梓は、ゆっくりと腰を下ろした。

梓 再会(その17)

梓(あずさ)の絡めていた太腿の下で、
私のモノが硬さを増す。

それに気が付いた彼女が、
脚の絡みを解いて、
怒張に手を伸ばす。

硬さを確かめるように指先で触れてから、
梓が言った。

「…すごく硬くなってます」

「素敵なキスでしたからね」

「えーと…
口でしていいですか?」

「ご希望とあらば…」

僥倖だ。上半身を起こして、
ベッドボードに背中をあずけ、
梓の頭の位置に私の腰を合わせる。

彼女は四つんばいになって、
正面から私のものを咥えた。

梓の口の粘膜が、
硬くなっている私の怒張を包む。

彼女の髪を先を弄びながら、
しばらく好きなようにさせてみた。

ジュブジュブといういやらしい音が部屋の中に響く。

唾液をたっぷりと絡めて、
舌を積極的に使う彼女のフェラチオは、
男をイかせるためのものではなく、
劣情だけを高めていく。

梓はそれを察したのか、
これ以上ないほどに硬く大きくなっている怒張から、
口を離した。

梓 再会(その16)

完全に寝入ってしまったようだ。

ふと目が覚めると、右腕の感覚がなかった。
梓(あずさ)は、いつのまにか
こちらに背を向けていたものの、
腕枕のまま寝息を立てている。

微妙に腕をよじって、血行を確保する。
すぐに感覚は戻ってきたが、
結構長い時間、血流が止まっていたのか、
指先からぴりぴりとした痺れが伝わってくる。

痺れがおさまるまでの間、
空いている左手で、梓の身体を撫でる。
肉感的な彼女の身体は、
肌のきめが細かくて、
さわり心地がとてもいい。

性感帯まで手を伸ばすことはせず、
ごく軽いタッチで手の届く範囲を
半分無意識に撫で回した。

ようやく右腕の感覚が正常に戻ってきた頃、
熟睡していた梓が唐突に目を覚ました。

「…んん…」

後ろから軽く抱きしめて、
彼女の耳元でささやく。

「おはようございます」

「…あ、すみません。
すっかり寝ちゃいました」

「いえいえ、
私も今目が覚めたところです」

梓が腕の上で身体を半回転させて、
こちらに顔を向ける。

「…!」

彼女がいきなり唇を重ねてきた。
梓の手が私の身体に回され、
舌を絡める濃厚なキス。

唇を離す頃には、
性欲に火を付けられていた。

梓 再会(その15)

暗い照明越しに時計を見ると午後10時半だった。
休む前にもう1回プレイするくらいだろうか。
そう思い、シャワーを促す。

「いえ、今日はこのままでいいです」

思いがけず、梓(あずさ)は動こうとしない。

「そうですか。
それじゃ私はちょっと浴びてきますね」

そう言って、ベッドを抜け出す。

バスルームでコンドームをはずし、
全身の汗を流す。
ついでに全身を洗って、
完全に就寝の準備を整えた。

もう一度歯を磨き、
マウスウオッシュで口をゆすいで、
ベッドに戻る。

梓はすでに目を閉じていた。
さすがに少し疲れたようだ。

彼女の邪魔をしないように、
横臥する彼女の背中側に身体をそっと滑り込ませ、
常夜灯を消した。

遮光カーテンは引いていないので、
窓から入る夜景の光で、
部屋の中はうっすらと明るい。
これくらいがちょうどいいだろう。

少し眠気を感じ、私も目を閉じた。

梓 再会(その14)

グラスにお茶を注いでベッドに戻り、
仰向けで目を閉じている梓(あずさ)の隣に腰を下ろす。

まだ、身体を起こすのが億劫そうな彼女の様子を見て、
いたずら心が湧きあがる。

グラスのお茶を2口ほど飲んでから、
お茶を口に含み、梓と唇を合わせる。

仰向けになった彼女がむせないよう、
少しずつ慎重に送り出した。

「んふ…」

私の意図を察した梓が、
喉を鳴らしながらお茶を飲み込む。

口の中のお茶をすべて送り込んでから、
唇を離した。

「もっと?」

という問いに、目を閉じたまま頷く梓。

再び、口にお茶を含んで、
口移しに飲ませる。

そこで満足したのか、唇を離すと、
こちらの方に身体の向きを変えて、
大きく息をついた。

私が、グラスをベッドサイドにおいて、
彼女の隣に仰向けで横になると、
梓は自分の頭を私の脇の上に乗せる。

彼女の背中を指先で軽く触りながら、
余韻の時間を過ごした。

「…思い出せました」

暫くして、梓がボツリとつぶやく。

「イけましたね」

「はい」

「大丈夫だったでしょ?」

「ええ、ちゃんと覚えてるものですね」

「私も色々と思い出しました」

「うん、もう、いやらしいんだから」

「ええ、いやらしいです」

「うふふ。相変わらずですね」

「よく言われます」

そんなピロートークで余韻を楽しんだ。
プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。