FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛美 再会(その2)

少し驚いて、声掛けられた方に向き直る。
スーツ姿で、少し怪訝そうな顔をした愛美がいた。
極力、平静を装って笑顔を作って答える。

「愛美さん、お久しぶりです。」

「ああ、よかった。
スーツ姿の人ばかりだから、
間違えたらどうしようかと思ってました。」

「いえいえ。
こちらから声をかけるつもりだったのに、
すみません。
お元気でしたか?」

「ええ。でも色々と大変でした。」

「では、立ち話もなんですから、
まずはお茶にしましょうか。」

「はい。」

世間話をしながら、
ラブホテル街の方向に向かって歩きはじめる。
途中にあるカフェに入り、
それぞれコーヒーと紅茶を注文した。

店内が少し混んでいたので、
隅の方のカウンター席に、横並びで座る。

「改めて、お久しぶりです。」

「お久しぶりです。」

という、なんだか妙な挨拶から、
愛美の怒涛の自分語りが始まった。

本当はもっと早く逢瀬の
アレンジをお願いをするつもりだったこと。

しかし、前回の逢瀬の直後に、
夫がリストラに遭ってしまい、
しばらくセックスどころではない状況だったこと。

ようやく夫の再就職先が決まり、
子供の様子も含めて、
家の中が落ち付いてきたこと。

そんな話を、
お互いの飲み物のカップの底が乾くほどの時間、
ニコニコとした表情のまま聞くことになった。

ようやく話したかったことを全部吐き出したのか、
視線を外して少し恥ずかしそうにする愛美。

そんな頃合いを見て、彼女に移動を促した。

「さて、そろそろ行きましょうか。」

「あ… はい。
今日もよろしくお願いします。」

店内でランチ用のサンドイッチと飲み物を買い足し、
少し白けたような空気が漂う、
午前中のラブホテル街に向かった。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。