FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛美 再会(その7)

愛美の表情を見ながら、
彼女の中に出入りする感覚を楽しむために、
ゆっくりと大きく腰を遣う。

下から突き上げられる感覚は、
ただでさえ敏感な彼女の内側を
効果的に刺激する。

最初はされるままだった愛美も、
中の気持ちいところに当たるよう、
微妙に腰をくねらせ始めた。

さして強く刺激をしたわけではないが、
ほどなく愛美が分泌した液体で怒張が根元まで濡れ、
横溢した液がグジュグジュと湿った淫靡な音を立てる。

「すごくいやらしい音がするね。
こんなに濡らしちゃって…」

とろけた表情で嬌声を上げ続ける愛美に話しかける。

「あっ… はずかし… んぁっ…」

彼女は、すでに忘我の境地に入りつつあり、
ちょっとしたやりとりも難しくなってきた。

そろそろ一度、昇り詰めさせておこう。
愛美の腰を掴み直して、
徐々に刺激を強めて行く。

内から湧き上がる快感に
逃げ場を求めて身体をよじらせて悶える彼女。
そうさせないように、腰をしっかりと両手で固定し、
容赦なく刺激を送りこむ。

ついに愛美の両腕が自分の身体を支えきれなくなり、
私の上に倒れ込んだ。

健気に体勢を立て直そうとする彼女を押しとどめ、
両腕で上半身をしっかりと抱きしめる。

先ほどよりさらに逃げにくい体勢になったところで、
彼女の中にさらに強く連続して怒張を叩きこんだ。

「ああっ! あああっ! いっ… いくっ… ああーーーーっ!」

甲高い声を上げて、彼女が昇り詰める。
それに合わせて、鋭く深い刺激を何度か突き入れる。

愛美が、精一杯高く長く昇りつめるのを、
抱きつく彼女の腕の力に感じて、
ゆっくりと刺激を止める。

そのまま、愛美の重さを感じながら、
彼女の呼吸が落ち付くのを待った。

まだまだ始まったばかりだ。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。