FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫉妬

婚外クラスタの皆さんのお話を聴いていると、
1対1の関係を志向するのか、
1対多又は多対多の関係を許容するのか、
という話が多いように思う。

私は、後者の立場を公言しているので、
1対1志向の女性から声をかけられることは稀だ。
よって、個人的にはずいぶん縁が薄くなってしまった
世界のことなので、多少は客観的に書けるかと思う。

世間の建前上は、ある人の隣の席は1つだけで、
配偶者というラベルが貼ってある。

ここにどっかりと腰をおろしている人がいる中で、
密かに別の席を作るのが婚外活動だと思う。

この場合、その席の数は1つである必要はない。
建前上あってはならないものは、
いくつあっても大差ないのだから、
本人のリソースの及ぶ限りの数を作ればいい。

しかし、なぜかこの数を1つに限定してしまう人が多い。
そして、嫉妬を含んだ通常の恋愛感情のままに、
この席を埋めてしまい、相手にもそれを求める。

そして、多くの場合において、
表向きの席に座っている人がいることが原因になって、
関係そのものにとても苦しんでいるようだ。

略奪婚の具体的な計画でもあれば話は別だが、
苦しさに疲れ切って不本意な別れを迎えるパターンが多い。

冷静に考えれば当たり前のことで、
そもそも前提が間違っている。

そもそも嫉妬なる心の働きがなぜ存在しているかだが、
過去の淘汰の過程において、嫉妬心を薄い個体より、
遺伝子戦略的に有利だった結果にすぎない。
つまり、子孫を残さない限り意味がない感情だと言える。

子供をつくるために婚外活動している人はまずいないだろう。
そこに嫉妬を持ちこむのは心の誤動作であって、
生物学的には何の意味もないものだ。

婚外活動には言うまでもなく大きなリスクがある。
そのリスクを取ってまで敢えてしていることなのに、
心の誤動作で苦しむのは、人生の壮大な無駄だと思う。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。