FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遥 再会(その10)

前回の逢瀬の経験から、
少々のことでは痛がらせることはないと確信していたが、
ポーズとしては慎重に腰を進める。

遥の入口には少し狭さを感じるが、
厚みを感じるほどのローションの量と、
彼女自身の潤いもあって、
完全に勃起している私のモノも、
スムーズに遥の中を掘り進んでいく。

2、3回腰を引いて折り返しただけで、
ほどなく全長が彼女の中に納まった。

「…っふぅ」

それを感じた彼女が息を吐く。
肘で腕を支えながら遥に覆いかぶさり、
軽く唇を合わせてからたずねる。

「痛くありませんか?」

「…ええ…大丈夫です。」

「動きますよ?」

「あ、もうちょっとこのままでいてください…」

大丈夫だと思っていたが、
実は痛いのではないかと思いなおし、
少し身体を引く。

「あっ…もう一度奥まで…」

「大丈夫ですか?」

頷く遥。

「入ってるところを感じていたいんです。
ああっ…」

改めて腰を一番奥まで進め、
そこでしばらく留まる。
遥の両腕が私の身体に巻かれ、
ぎゅっと抱きしめられた。

時間にして数十秒だろうか、
遥の腕の力が抜けたので、
上半身を起こして彼女の表情を見る。

目元に光るものが見えた。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。