FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遥 再会(その12)

遥の横顔を見ながら、
正常位よりも一段と深く入るようになった姿勢で、
彼女の中を慎重に掘り進む。

一番奥まで突きたてた時に、
一瞬表情が表情が曇る。

「痛いですか?」

「…痛くはないです。
今まで入ったことがないところまで
入ってきている感じがして…」

「わかりました。
ゆっくり動きますが、
痛かったら知らせてくださいね。」

ふたたび、極スローな抽送から、
中への刺激を始める。

すぐに、快感を受け止めるのに
没頭しはじめる遥。

上気した艶っぽい横顔と、
刺激を受け止めるために両手でシーツを掴みながら、
男の動きを受け止めて揺さぶられる裸体が、
私の劣情をさらに刺激する。

何度か快感の山を作ったところで、
遥の最初のご希望に応えることにした。

彼女の腰を掴んで、ぐっと持ち上げる。
そのまま、うつぶせの方向に遥の身体を回転させ、
四つん這いの姿勢を取らせた。

「遥さん、お待たせしました。
バックで責めて差し上げますね。」

「…はい、あっ…」

当たるところが変わったせいか、
ほとんど動いていないにもかかわらず、
遥が甘い声を上げる。

脚を大きく開いて、
白くて丸い尻を突き上げた姿勢が、
なんとも扇情的だ。

綺麗な背中のラインが、
快感に悶えて揺らめく。

一旦、怒張がほとんど露出するほど腰を引く。

「あぁっ…」

切なそうな声を上げる遥。
数秒焦らしたのち、ゆっくり、しかし躊躇なく、
一番奥まで彼女の秘部を貫く。

「ああーーっ…」

そのビビッドな反応に満足しながら、
再び遥の中を存分に弄ぶ楽しい作業に没頭する。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。