FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遥 再会(その14)

遥のうなじに唇を沿わせたまま、
寝入ってしまったようだ。
幸い10分程の時間で我に返った。

遥をベッドに残して起き上がり、
シャワーでざっと汗とローション交じりの
彼女の愛液を流す。

身体を拭いてバスルームを出ると、
遥はまだ寝息を立てて、
ぐっすりと寝入っていた。

まだ時間はあるので、
しばらく寝かしておこう。

ベッドサイドの椅子に腰かける。
カバンにいつも入っている文庫本を開いて、
彼女が目を覚ますのを静かに待った。

カーテンの隙間から洩れていた夕日の色が消え、
色々なネオンの色が混ざった、
白っぽいわずかに薄明かりに変わる。
すっかり日が暮れたらしい。

逆算するとずいぶん長い時間、
プレイに耽っていたことになる。

せっかく高層ホテルの部屋を取ったので、
部屋の照明を完全に落とし、
カーテンを開けた。

日本でも有数の超高層ビル群が正面に、
眼下には世界でも最も乗降客が多い駅に
頻繁に発着する列車が見える。
立体的でダイナミックな夜景だ。

しばらく眺めていたが、ふと空腹を覚えた。
夕食の準備をしようと部屋の中を振りかえると、
すぐ後ろにバスタオルを身体に巻いた遥が立っていた。

「…おはようございます。」

少し驚いて変なことを口走ってしまう。

「ふふっ、おはようございます。
夜景、綺麗ですね。」

「ええ、つい見入ってました。
眠り姫が起きてきたのに気がつかないくらい。」

「すみません。
なんだか自分でも気がつかないうちに寝入ってました。」

「それだけ感じてくれたということですよ。
寝顔が拝見できて個人的には嬉しかったな。」

「口開けて寝てませんでしたか?」

「さぁ? どうでしたかね。」

「もう、ジュンさんの意地悪。」

遥の腰に手をまわし、
抱き寄せて唇を重ねる。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。