FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遥 再会(その24終)

遥の身体に軽く指を這わせながら、
少し時間を過ごす。
しかし、このままにしておくと、
彼女は寝入ってしまうだろう。

少しプレイに耽りすぎたせいか、
もうあまり時間がなかった。

彼女の横から抜け出して、
先にバスルームに籠もる。

ざっと汗とローションと
彼女の快楽の残滓を洗い流して、
部屋に戻り、
遥にシャワーを促した。

互いが身支度を整え、
部屋の後片付けを済ませたところで、
少しお茶をするくらいの時間が残った。

「今回はいかがでしたか?」

「すごく楽しかったです。
バックって気持ちいいんですね。
今回は、本当にセックスの気持ちよさを
しっかり堪能できた気がします。
もう、ほとんど痛くありませんし。」

「少しは痛い時もあったということですね?」

「奥に入りすぎたかなってときに少し…
でも、奥を突かれるのは気持ちいいのもあるので、
痛いけどやめてほしくないんです。」

「ならば、あまり心配なさそうですね。
多分、慣れが解決してくれますよ。」

すっかりリラックスして、
屈託のない笑顔で、
率直な感想を伝えてくれる遥。
個人的には、この時間がとても好きだ。

「鏡の前でという願望を叶えてもらって、
ありがとうございました。
あの時の自分の姿を思い出しながら、
次に逢える時までがんばります。」

「おや、もう次回の話ですか(笑)
でも、またお逢いできるといいですね。
ご連絡、楽しみにしてます。」

駅まで遥を送る。
前回、帰り際に控えめに指を絡めてきた彼女だが、
今回は私の方から手を取って歩く。

終電間際でざわめく駅の改札で、遥の手を離し、
彼女が人混みに姿を消すまで見送った。

その日の夜中に届いた彼女からのお礼メールには、
こんなことが書いてあった。

「次はコスプレがしてみたいです。」

次に遥に逢うまでの間、
衣装選びに大いに頭を悩ますことになった。
ただし、ニヤニヤしながら。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。