FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理津子 初逢瀬(その10)

理津子の入口の抵抗に負けそうになる程度に
硬度が下がった怒張を手で支えながら、
彼女の中をゆっくりと掘り進む。

締め付けは強いが、思いのほかあっさりと
全長が理津子の中に飲み込まれた。

彼女の上に肘で体重を支えながら、
優しく覆いかぶさり、
動かずに彼女の反応を見る。

「…?」

理津子が、その様子に疑問を呈するように首をかしげる。

「痛くありませんか?」

「ええ、全然。」

「それじゃ、動きますよ。」

「…はい」

過去の数回のセックスでは、
挿入されたらすぐに突かれていたのだろう。
そういう展開ではなかったので、
何か不都合が起きたのかと心配になったようだ。

ゆっくりと怒張を引き抜き、
再び理津子の中に収める。
そんな動きを数回繰り返すと、
その部分があたかも別の生き物のように
硬度を取り戻した。

スローな抽送を繰り返しながら、
彼女の表情を注意深く見守る。

目一杯硬くなった私のモノを受け入れても、
痛みを感じさせる表情は浮かばない。
目を閉じて、自分の内側から伝わってくる感覚を、
集中して味わっているようだ。

やがて、理津子の口から甘い吐息が漏れ始めた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。