FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊緒里 再会(その11)

伊緒里の手の暖かい感覚を背中で感じる。
これだけ身体が温まっていれば十分だろう。

ゆっくりと怒張を彼女の中から引き抜いて、
改めて奥まで突きたてる。
伊緒里の愛液にたっぷりと濡れた肉の棒は、
何の抵抗もなく彼女の一番奥まで呑みこまれた。

「んぁっ…」

伊緒里の口から甘い声が洩れる。
彼女に体重を乗せないように注意したまま、
ゆっくりとした抽送を始める。

抜く動作の時に
伊緒里の内側が怒張にまとわりつく感覚が、
じわじわとした快感を生む。

「あぁ… んっ… あん… あぁっ…」

こちらの動作に合わせて上がる、
彼女の嬌声が私の耳元に届く。

目を閉じて内側からの感覚に集中している伊緒里の表情は、
上気した肌の色と相まって、
とても扇情的で美しい。

先ほど彼女が見せた少し疲れた様子もあり、
あまり時間をかけることはせず、
徐々に刺激を強めていく。

伊緒里の性感の盛り上がりに合わせて、
こちらも上半身を起こして、
彼女の中心により深い刺激を送りこむ。

「ああっ、あっ、ああっ、ああーっ!」

快感に理性を一時的に失った伊緒里の声が、
ホテルの部屋の中に大きく響く。

初逢瀬の時も、彼女が明確にイクことはなく、
今回もその状況が変わっているとは思わない。
そこで、イかせること狙っての深追いはせず、
快感のピークを数回作って、
最初のプレイを締めくくることにした。

伊緒里の両足首を掴み、高く持ち上げる。
最も深く入るように角度を調整しながら、
彼女の一番奥に強い刺激を連続して送りこむ。

「ああーっ、あっあっあっ、あああーっ!」

わずかに緩急をつけて、快感の山を作る。
伊緒里が3度目のピークを越えたところで、
彼女の足首から手を離し、
彼女の身体の上に覆いかぶさった。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。