FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梓 再会(その1)

梓(あずさ)から、
再び逢瀬を求めるメールが届いたのは、
初めての逢瀬から2ヶ月半ほど後だった。
その間に季節は進み、初夏の終わり。

何度かのメールのやり取りをして、
スケジュールを調整し、
2週間後の逢瀬の日程が決まる。

「何かご希望はありますか?」

「いえ、特にありません。お願いします」

そんなメールのやり取りをしながら、
逢瀬の当日を楽しみに待った。

当日は、梅雨シーズンの真っ只中らしく、
雨の中での待ち合わせ。

夕方の都内のJR駅の改札は、
近隣のオフィスビルからの帰宅客で混み合っている。

待ち合わせ場所に約束の時刻より10分ほど早く着いた私は、
念のために送ってもらった梓の服装を確認して、
帰宅客を吸い込むばかりで、
出てくる人のほとんどいない改札口を眺めていた。

約束の時刻まで5分ほどになったところで、
見覚えのある黒いセルフレームの眼鏡の女性が、
人の波に逆らって改札口に向かってくるのが見えた。

改札口をくぐる前に、
梓も私のことに気付いたようだ。
にっこりとした笑みを私に送り、
改札を抜けて私のところに真っ直ぐ向かってきてくれた。

ラッシュ時間帯の喧騒の中、
互いの声が届く距離に近づくのももどかしいように、
彼女から声をかけてくれる。

「こんばんは!」

「こんばんは。お久しぶりですね」

「お久しぶりです」

「すぐにわかってくれて嬉しいですよ」

「ジュンさんもわかってくれましたよね?」

「状況的に私の方が有利ですから」

「ジュンさんは、相変わらずですね(笑)」

立ったまま、そんな他愛もないあいさつを交わす。

「…では、行きましょうか?」

「はい。今日もお願いします!」
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。