FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梓 再会(その8)

梓(あずさ)とは少し身長差があるので、
彼女の脚を閉じ気味にし、
こちらは少し脚を開き気味にして高さを合わせる。

「さて、いきますよ?」

「…はい」

梓が切なそうな声で答える。
襞の中心部が微妙にうごめき、
薄いウレタンの厚み越しに私の先端部分をついばむ。
その感覚に、初逢瀬での彼女の名器ぶりを思い出した。

彼女のヒップをしっかり掴みなおし、
覚悟を決めて腰を進める。

「ああっ…」

梓の中に怒張の先端が滑り込んだ途端、
強烈な締め付けを受ける。
ぐしょぐしょに濡れているはずなのに、
とても強い抵抗を感じる。

一気に貫いても良かったが一応安全策のため、
一定のテンションをかける方法で臨む。

こうすることで、
梓の締付けの強弱の波に合わせて、
弱まった時に中に進む。

中に挿ってくる感覚に反応して
また中が締まるが、暫くするとまた緩む。
そんなことを数回繰り返して、
ついに、彼女の中に全体が納まった。

「あっ…あっ…」

自分の意志ではコントロールできない脈動に合わせて、
性感の波が梓の身体を走る。

微妙にゆらめく彼女の身体を見下ろしながら、
中がうごめく感覚を楽しんだ。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。