FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梓 再会(その14)

グラスにお茶を注いでベッドに戻り、
仰向けで目を閉じている梓(あずさ)の隣に腰を下ろす。

まだ、身体を起こすのが億劫そうな彼女の様子を見て、
いたずら心が湧きあがる。

グラスのお茶を2口ほど飲んでから、
お茶を口に含み、梓と唇を合わせる。

仰向けになった彼女がむせないよう、
少しずつ慎重に送り出した。

「んふ…」

私の意図を察した梓が、
喉を鳴らしながらお茶を飲み込む。

口の中のお茶をすべて送り込んでから、
唇を離した。

「もっと?」

という問いに、目を閉じたまま頷く梓。

再び、口にお茶を含んで、
口移しに飲ませる。

そこで満足したのか、唇を離すと、
こちらの方に身体の向きを変えて、
大きく息をついた。

私が、グラスをベッドサイドにおいて、
彼女の隣に仰向けで横になると、
梓は自分の頭を私の脇の上に乗せる。

彼女の背中を指先で軽く触りながら、
余韻の時間を過ごした。

「…思い出せました」

暫くして、梓がボツリとつぶやく。

「イけましたね」

「はい」

「大丈夫だったでしょ?」

「ええ、ちゃんと覚えてるものですね」

「私も色々と思い出しました」

「うん、もう、いやらしいんだから」

「ええ、いやらしいです」

「うふふ。相変わらずですね」

「よく言われます」

そんなピロートークで余韻を楽しんだ。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。