FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梓 再会(その16)

完全に寝入ってしまったようだ。

ふと目が覚めると、右腕の感覚がなかった。
梓(あずさ)は、いつのまにか
こちらに背を向けていたものの、
腕枕のまま寝息を立てている。

微妙に腕をよじって、血行を確保する。
すぐに感覚は戻ってきたが、
結構長い時間、血流が止まっていたのか、
指先からぴりぴりとした痺れが伝わってくる。

痺れがおさまるまでの間、
空いている左手で、梓の身体を撫でる。
肉感的な彼女の身体は、
肌のきめが細かくて、
さわり心地がとてもいい。

性感帯まで手を伸ばすことはせず、
ごく軽いタッチで手の届く範囲を
半分無意識に撫で回した。

ようやく右腕の感覚が正常に戻ってきた頃、
熟睡していた梓が唐突に目を覚ました。

「…んん…」

後ろから軽く抱きしめて、
彼女の耳元でささやく。

「おはようございます」

「…あ、すみません。
すっかり寝ちゃいました」

「いえいえ、
私も今目が覚めたところです」

梓が腕の上で身体を半回転させて、
こちらに顔を向ける。

「…!」

彼女がいきなり唇を重ねてきた。
梓の手が私の身体に回され、
舌を絡める濃厚なキス。

唇を離す頃には、
性欲に火を付けられていた。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。