FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遥 初逢瀬(その10)

腰のストロークの大きさはそのままで、
速度だけを落とし、
やがて、遥の一番奥に入った状態で動きを止める。

これ以上続けても、
快感が深まることはないだろうという判断と、
痛くしてしまわないようにという配慮、
そして、いつになく大量のアルコールの影響下にある
私自身の持続力の限界もあった。

動きを止め、中に入ったまま、
遥の呼吸が整うのを待つ。

コンドームが外れないように
萎えきってしまう前に身体を離した。

遥の身体にバスタオルをかけ、
ベッドサイドの椅子に移って、
彼女が起き出すのを待つ。

「大丈夫でしたか?」

ようやくベッドの上に
身体を起こした遥に問いかける。

「はい、大丈夫です。」

意外と気丈な声が返ってきた。

コップに注いだお茶を渡す。

「なんというか… 今までのHとは全然違ったのですが、
うまく言葉が見つかりません。」

お茶を半分飲んで、彼女は言った。

「あの… シャワー浴びてきてもいいですか。」

下半身がローションまみれなのに気づいたようだ。
遥の手を取って、バスルームまで案内する。

彼女の横顔からは、ようやく少し穏やかな表情が垣間見えた。

「足元に気を付けてね。」

そういって、扉を閉めた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。