FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美樹 一期一会(その1)

性感について真剣な悩みの抱えている女性は多い。
これまでお相手してきた女性の概ね7割は、
お悩み系とでも言うべき、そのような女性だった。

残りの3割はというと、Hが好きで単純にHを楽しみたい、
という率直な願望をお持ちの女性達だ。
「女性の性感の追求」なる看板を掲げている以上、
人並み以上のHができると期待して、
コンタクトしてきてくれる。

ある意味、こちらにプレッシャーのかかるお相手ではあるが、
それを理由にお断りするほど無欲でもない。
普段のHの相手には不自由していないだけあって、
世間一般的な視線で、レベルの高い容姿の女性が多い。

今回会うことになった美樹も、
そんなタイプの女性だった。

彼女は、待ち合わせの時間に10分近く遅れてやってきた。
少し前に、遅れる旨のメールをもらってはいたので、
すっぽかしの不安はなかったが、
このタイプの女性にしては律義な方だ。

現れたのは小柄ながら
メリハリの付いたプロポーションの、
勝気なメイクが印象的な女性。

常に男の視線を意識しながら、
オンナを満喫している雰囲気が伝わってくる。

「こんばんは。はじめまして。ジュンです。」

声をかけると、美樹はこちらを一瞥して、
特に表情を変えずに、目線をそらして素っ気なく答える。

「あ、よろしく。」

これは、ごめんなさいパターンかと警戒して、
率直に切り込む。

「おっと、ご期待に沿えませんでしたか?」

「別に…」

彼女の答えは、予想とは異なっていた。
ただ、重ねて正面からたずねる。

「私が生理的に受け付けられなそうなら、
今、おっしゃってくださいね。」

「…ええと、移動しませんか?」

少し不機嫌そうな声で答える美樹。

「お茶にしますか?」

「ホテルでいいです。」

ぶっきらぼうで、かみ合わない会話だが、
ともかくもホテルに行くことは同意してくれたようだ。

彼女のテンションの低さの原因に考えを巡らせながら、
ホテルに向かって歩きはじめる。

美樹は、微妙な距離を保ちながら、
それでも離れることなく、
駅前の通りをはさんだホテルまでついてきた。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。