FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美樹 一期一会(その7)

私の体力的にも限界に近かった。
ゆっくりと腰の動きを緩め、
美樹の中の感覚を堪能した後で身体を離す。

彼女の脚の間に顔をうずめ、
すっかり融けきっている部分に、
ゆっくりと舌を這わせた。

ゆったりとした後戯の快感の中で、
それでも徐々に自分を取り戻してくる美樹。

「ふぅ…」

彼女の、嬌声ではない声を合図に、
後戯を切り上げる。

「喉が渇きましたか?」

「はい… あー、気持ちよかったー」

美樹にバスタオルをかけて、上半身を起こし、
グラスにお茶を汲んで、手渡す。

一気にお茶を飲み干した彼女に、
お替わりのお茶を注ぎながら話しかける。

「楽しんでいただけましたようですね。」

「うん、気持ちよかったよ。
最初はどうしようかと思ったけど、Hしてよかった。」

なぜかタメ口だが、プレイの前の無表情な様子は消え、
好奇心の強そうな目を輝かせながら話してくれる。

プレイを続けるにしても、
少し休憩を取りたかったので、
彼女にシャワーを浴びてもらい、
残りのお酒を出して改めて歓談タイム。

人が変わったようによく話す美樹。
プレイ前に少し不機嫌な様子だったのは、
早くプレイを始めてほしかったからだそう。

初対面の女性とはじっくり話してから
プレイに入るスタイルが、
裏目に出てしまったようだ。

最初のフェラはやはりイかせるつもりだったと、
ちょっと舌を出して白状する美樹。

「でも、舐めてるうちに、挿れてほしくなっちゃった。」

あそこでイかされていたら、
どうにもプレイを展開できなくなっていたと思う。
その心変わりに内心感謝する。

そんなことを小1時間ほど雑談。
お酒が尽きた所で、ベッドに横になる美樹。
隣に添い寝して、彼女の額にかかった髪を梳くと、
彼女の腕が首にまわされ、そのまま唇を奪われた。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。