FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美樹 一期一会(その9)

両手で美樹の太ももの裏から尻のラインを軽くなぞる。

「…っ」

それだけで息を止めて、身をよじらせる彼女。

「お待たせしました。」

細い腰を両手で掴み、すっかり怒張しているモノを、
彼女のひだの真ん中にあてがう。

これから挿入される感覚を期待して、
身じろぎする美樹。

その様子を見おろしながら、
努めて冷静な声で言う。

「して欲しいことがあるときは、
どうするんだっけ?」

美樹の入口を先端で軽く刺激しながら、、
彼女からの返事を待つ。

沈黙は、いいようにされていることへの、
ささやかな反抗だろうか。

弄ぶように、彼女のごく浅い部分まで挿入しては、
引き抜くことを繰り返す。

引き抜かれるたびに
腰をくねらせて不満を表す美樹。

何度目かの焦らしに、
彼女の反抗は潰えた。

「…ください。」

「ん?」

「…奥まで挿れて…ください。」

「うん。
いい子にはご褒美をあげよう。」

腰を掴む手に力を込め、美樹の下半身を固定する。
そして、ゆっくり、ただし、ワンストロークで、
彼女の一番深い部分まで貫いた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。