FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美樹 一期一会(その15終)

何度目かの美樹のフェラでの目覚め。
朦朧としながら横目で時計を確認すると、
そろそろ身支度を始めてもらった方がいい時間だ。

「おはよう。」

彼女に声をかけると、
美樹はすぐに顔を上げて、
私の上に乗ってくる。

一晩でお互いが習得したベッドマナーは、
「目が覚めたら相手を襲う」こと。

ただし、今回で最後の挿入になりそうなので、
彼女の身体を私の横に転がして、
敢えてすげなく言う。

「そろそろ時間かな。
シャワー浴びてきますか?」

しかし、つい先ほどまで期待を込めて、
私のモノを愛撫していた美樹は、
それでは治まらない。

腕を私の首に絡ませ、
濃厚なキスで続きをねだる。

「それじゃ、これで最後だからね。」

美樹の身体を再び脇に転がし、
わざと億劫そうに起き上がって、
ベッドボードの上のコンドームを探す。

と、ここで致命的なミスをしたことに気付く。
コンドームが尽きた。

8枚から9枚は持ち込んだはずなのだが、
昨晩からの、挿入の繰り返しで使い切ってしまったようだ。

ホテルはラブホテルではないので、
備え付けのものもない。

それを伝えると、美樹のことだから、
生での挿入を求められるだろう。

黙って指と舌でイかせることにした。

すっかりイキやすくなっていた美樹の身体は、
期待していたものとは異なる刺激に対しても、敏感に反応する。
おかげで、無事に何度かイかせることができた。

「シャワーを浴びておいで。」

脱力している美樹を促す。

時間が押していたので、並行して後片付け。
ゴミ袋のコンドームの数が濃厚な一晩を物語っていた。

--------------------------------------------

その後、美樹からは何度か逢瀬の申し入れがあったが、
宿泊が前提となるとアレンジが難しい。

また、この手の女性は、欲しい時はすぐ欲しいという傾向があって、
今日か明日会いたい、というリクエストになる。

何度か予定がすれ違ってしまった結果、
その後はどうしてもタイミングが合わず、
そのまま自然消滅となった。

惜しいような、ほっとするような。
そんな気分。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。