FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梓 初逢瀬(その4)

急いで戻る衝動を抑え、
長すぎず短すぎずの時間を計りながら、
シャワーを浴び、身支度を整える。

バスルームから出ると、
梓は、照明を少し落とした部屋で、
ベッドに腰かけて待っていた。

ふと、少し肌寒いことに気がついた。

裸に近い格好で長い時間過ごすので、
部屋の温度調整には気を使う。

行為が激しくなりそうなときは26度、
そうでないときは27度が基本だ。

高めの設定なので、
夏場にエアコンが負けることはまずないが、
冬場の冷え込んだ日には、
エアコンの能力が負けてしまうこともある。

「寒くありませんか?」

と声をかけて、強中弱OFFしか調整できない
エアコンのつまみを回す。

「大丈夫です。」

と答える梓の隣に座って、
彼女の両方の二の腕に手を当てる。
やはり結構冷たくなっている。

「少しすれば暖まると思います。」

「はい。」

梓の二の腕に当てた掌から力を抜いて
上の方に撫で上げながら言った。

「…さて、梓さんの身体を探らせていただきましょうか。」

「はい。…お願いします。」

始まりの雰囲気を察した梓が目を閉じた。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。