FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梓 初逢瀬(その10)

私のわずかな指の動きに合わせて、梓(あずさ)の中が大きく蠢く。

すでに結構な時間、彼女の中に指を入れたままだ。
そろそろ中が痛くなっても不思議はない。
少し刺激を強めていくペースを早くすることにした。

梓の膣内の力に負けないよう、
指先に力を込める。
そして、先程見つけたポイント周辺を、
ゆっくりと強く押さえていく。

「あっ、あっ、ああっ!」

彼女の上げる声のトーンがさらに上がる。

指先から梓の中に送り込む律動のペースを
徐々に早めていく。

ほとんど叫び声のような彼女の嬌声が響く。

上り詰める前に少し刺激を緩め、
梓の呼吸を整えさせてから、
さらに高みを目指して刺激を早める。

そんなことを何度か繰り返した後、
彼女を最終目的地に到達させるべく、
強く重い刺激をゆっくりと始める。

梓は、もはや声にならない声を上げながら、
仰向けで脚を大きく開いたあられもない格好で
首を大きく仰け反らせている。

彼女の両の手は、指が白くなるほど強く
シーツを掴んでいて、
自分の内側から押し寄せる感覚を必死に受け止めようとしているようだ。

徐々に、しかし、急速に沸き上がる快感で、
梓が一気に自分の天井を破って、
上り詰めるように思えた瞬間、
彼女はすごい力で身をよじり、
私か送り込む刺激から無理矢理逃れた。

無理に追うことはせず、
指を脱力させて、梓の様子が落ち着くのを待つ。

「大丈夫ですか?」

「あ…、すみません…
  今まで感じたことがないような感覚で、
  ちょっと怖くなってしまって…」

「それは多分、イキそうになったんだと思います。
  …もう一度、試してみますか?」

梓が、一瞬の躊躇のあとにうなづくのを見て、
体勢を変えることにした。

それまでは、彼女の脚の間にうずくまるような
クンニに適した姿勢で愛撫を続けていたが、
右手の指を彼女の中に挿れたまま、
彼女の横に身体を添わせる。
そして、左腕を梓の首の下に通して肩を抱いた。

あれだけ中が感じるのであれば、
クリトリスへの刺激は不要だ。
むしろ、精神的な支えがあった方がいい。

梓が顔を私の首もとに埋めるのを感じ、
彼女の耳元に囁いた。

「ずっとこうしていてあげるから、大丈夫ですよ。」
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。