FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真琴 初逢瀬(その8)

真琴の中は断続的に蠢いて、
私のモノを強く締めつけ、
コンドームを着けていないのかと錯覚するほど、
生々しい内壁の感触を伝えてくる。

真琴の様子が落ち着くのを待って、尋ねる。

「痛い?」

首を振って否定する彼女。
とはいえ、経験上、
かなり深く入っている感覚があるので、
慎重に進めるに越したことはない。

真琴の中の感覚をじっくり味わったのち、
ゆっくりと刺激を始める。

まずは、感じる部分を探り出すことに専念する。
怒張しているモノを色々な角度で、
真琴の中に当てて行く。

指で刺激しているときに感じたとおり、
やはり奥に行くほど感じ方が深い。

ここまで奥の部分を刺激するのは、
痛がられることが多いので、
時折、痛みがないか確認しながら、
慎重に刺激を強めて行く。

そのはずだったのだが、
奥を刺激した時の真琴の感じる様に促されるように、
歯止めなく刺激を強くしていくことになった。

「あっ、ああっ、あーっ、ああーっ!」

ホテルの廊下に響くような大きな声を上げる真琴。
その声に誘われるように、
さらに奥へ、さらに強い刺激を送りこむ。

いつしか、額から汗が流れ、
彼女の一番奥の部分を全力で犯していた。

私の持久力の限界と、
垂れてくる汗をバスタオルで拭うのとで、
ときおり刺激を緩めながらも、
断続的に最大限の強さと激しさで
真琴の中を繰り返し抉る。

行為の激しさに応じて声を上げ、
上りつめようとする真琴。

そんなことを何度か繰り返したが、
結局、天井を破れないまま、
汗だくになって、私の体力が尽きた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。