FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不倫の終わり

独身女性と既婚男の組み合わせの不倫は多い。
出物腫れ物ところ嫌わずとはいうけれど、
この組み合わせばかりは本当にバランスが悪く、
とりわけ女性が辛そうなところが切ない。

確かに既婚男には、
少なくとも結婚できる程度の器量があり、
特定の相手がいるという意味で余裕があるように見える。

それらが総合的に異性としての魅力として認識され、
恋愛市場における平均的な値付けは低くない。

すると結構な数の女性が、
既婚男に引っかかってしまうことになる。

Twitterを始めて以降、
そんなフォロワー独身女性の日々の苦しみを聞くことが多かった。
しかし、最近になって何人かが、不倫関係に終止符を打った。

幸い多くは嫁バレの類ではなく、
自主的な恋愛関係の終焉だったようだが、
それに至るまでの経過には紆余曲折があった。

概ね独身女性が関係のアンバランスに耐えられなくなって、
関係の変調が始まる。
別れようと思って実際に相手にそう伝えてみたりもする。

しかし、相手への恋愛感情が残っているうちは、
その試みが成功することは稀だ。

よく治っていない傷のカサブタを剥がすようなもので、
痛い上に出血してまたカサブタができてしまう。

では、どのようにして終焉を迎えたのか。
一番ハッピーなのは、
新しい(不倫ではない)恋愛相手と出会うパターンだ。

よく言う「女性の恋は上書き保存」の喩えのとおり、
見事に不倫恋愛を上書きして幸せオーラを纏っている。

Twitterアカウントの元々の目的が
不倫恋愛の愚痴をつぶやくためだったりすると、
そのままアカウントが消えてなくなったりするけど、
それはそれでとても幸せな状況だ。
そのまま幸せになっていってほしいと切に願う。

もうひとつのパターンは、
カサブタの下の傷がいえるまでじっくり待った上で、
自ら関係を絶つタイプ。

それでもかなり痛みはあるようで、
苦悩している様子が伺えるが、
気持ちが吹っ切れると、
あっさりと新しい相手が見つかって
ハッピーになるパターンに移行することも多い。

ときに略奪愛を成就する女性もいるが、
お相手が不倫をする男だという印象は拭いがたいようで、
その後の暮らしが平穏なものになるかどうかは、
普通の恋愛よりもハードルが高いように思う。

色々なパターンを見てきたが、
独身女性にとって不倫恋愛を続けていくことは、
単純に辛い時間が続くということを意味する場合が多い。

先を見て物事を決められないからこそ苦悩するのだが、
先人の身の処し方は多少なりとも参考になると思う。

既婚男でありながら独身も含めた女性に逢っている私も、
人のことは偉そうには言えないが、
少なくともお逢いする女性の恋愛の対象にならないように
今後とも気をつけていきたい。

バイアス

人間は自分が普段いる環境が普通であると、
思い込む傾向がある。

これはある意味当然で、
その環境で日常を過ごしている以上、
本人にとっては普通のことだ。

しかし問題は、その状況が、
世間一般でも普通だと思い込んでしまうことにある。

現在、私には複数のパートナーがいて、
大概の性的なプレイは受け入れてくれる。
また、性的な意味で興味を持ってくれてお逢いする女性も多い。

長くそんな状況が続いていると、
世の中の妙齢な女性の多くが
同じように見えてきている瞬間があることに気が付いた。

もちろん、頭ではそんなことが
あるわけはないとわかっている。
しかし、無意識にそう感じてしまう瞬間がある。

日常がそうである以上、
無意識の部分にそのようなバイアス(偏向)がかかるのは、
避けがたいものがあるようだ。

それに拍車をかけるのがSNSだ。
色々な嗜好にどっぷりとハマっている人がいて、
そんな人達の状況が日常的にたくさんSNS上に流れている。
SNSでは嗜好の近い人同士が界隈を作る。
その界隈に参加して、
多くのコミュニケーションがその中で完結するようになると、
日常的に触れる話題の大きな部分が、
その嗜好に関することになってしまう。

この「どっぷり世界に浸かった状態」は、
無意識に強いバイアスをかけていくだろう。

しかし、多くの人にとって、
この種の嗜好は裏の世界での出来事だ。

無意識の常識の部分に強くバイアスがかかるのは、
表の生活に不可欠な社会性の基盤を脅かされる。

私の今の状況は、自ら望んで築いてきたもので、
大いに楽しんでいるし、それなりに気に入っている。

しかし、これ以上無意識の感覚にバイアスをかけてしまわないよう、
注意していこうと思う。

性交痛

お逢いする女性のセックスに関するお悩みの中で、
「セックスでイけない」の次に多いのが、
「セックスが痛い」だ。

セックス経験が少なく、
比較的若い女性であることが多い。

セックス時の痛み(性交痛)は、
概ね2種類に分けられるように思う。
膣の入口周辺の痛みと、奥の痛み。
このうち、お悩みの原因はほとんど前者だ。

こうした女性は、膣内が少し狭く、
膣口の括約筋の締付けが強い傾向があるが、
それは問題の核心ではない。

過去の痛いセックスの繰り返しで形成された、
「今回のセックスも痛いに違いない」という怖れが、
一番の原因ではないかと思っている。

膣の入口周辺の性交時の痛みは、
固く締まっているところに、
フルに怒張したモノを、
無理に挿入されたときに起こる。

これをしてしまうと、
その日はもうずっと痛いままというほどの禁忌のプレイなのだが、
性交痛に悩む女性は、パートナーとの間で、
そういうセックスしかしていないことが多い。

悪いことに、いざ挿入という段になって、
「また痛いんだろうな」と思うと、
どうしても身体に力が入る。
とりわけその核心部分には強い力が入る。

すると、固く閉ざされている部分を、
無理に押し広げて挿入することになるので、
やはりとても痛くなる。

それにより次回の挿入がまた怖くなって…
と、負のスパイラルにはまっていくことになる。

そのような連鎖をどこで断ち切るかというと、
「挿入されても痛くないこともある」
という気付きをしてもらうことに尽きる。

具体的には、ローションを使う、
意識して挿入時に女性に力を抜いてもらう、
半勃ちでの極力スローな挿入をする、
というあたりだろうか。
いずれにせよ、男側で対策が必要になる。

そのため、お相手の男性に
「あなたとのセックスは痛い」ことを、
ちゃんと伝えることが、何よりも重要だと思う。

恋愛関係がベースにあるセックスだと、
相手に気を遣って言い出せないこともあると思うが、
女性側よりは男側に主な原因があることなので、
勇気を持って伝えてほしい。

優先順位

幾人かの主従関係や不倫関係にある女性から、
「複数のお相手がいる男にとって、
お相手の優先順位はどうなっているのか?」
という趣旨のことを尋ねられた。

自分自身、あいまいな部分があったのだが、
いい機会なので整理してみようと思う。
これが男性一般に敷衍可能かどうかは別にして、
男遊びの参考にでもしてもらえれば幸い。

前提条件は以下の通り。
○ 新規のお相手は常にいる
○ 特定の女性に執着がない

この条件下で、最も優先されるのは、
これまで逢ったことのない女性、
すなわち新規のお相手だ。

色々と本能に反することをしている割には、
「まき散らす性」である
男の性の典型のような発想だなと、
苦笑せざるを得ない。
ただ、やはり新規女性の魅力は
何物にも代えがたいように思う。

次に位置するのが、
大きな変化の途上にある女性だ。
自らの手で性感が開花しつつある女性の相手は、
そのこと自体も楽しいし、達成感も大きい。
とりわけ、私の予想を超えた変化をする
女性からは目が離せない。

個人的には、この2つのカテゴリが図抜けていて、
後はほぼ横並びだ。

ただ、疲れているときなど、
難しいことを考えずにただセックスに耽りたいこともある。
そういう時には、身体が馴染んだ相手がベストチョイスになる。

身勝手なことを書いていることは重々承知しているが、
あくまでかなり特異な前提条件下でのことなので、
どうか笑ってご容赦いただきたい。

コンドーム

最近、何人かの女性とコンドームについて、
話をする機会があった。

コンドームは基本的に男の側が、
自分に合ったモノを用意するものだと思っているが、
女性側で用意することもあるようなので、
基本的な選び方について書いておこうと思う。

コンドームは素材で2種類に分けられる。
昔からあるラテックス(ゴム)製のものと、
近年出てきたポリウレタン製のもの。

個人的には、女性側で用意する場合は、
ラテックス製が無難だと思う。
というのは、その名の通りゴムなので、
伸縮性に富んでいて、少々サイズが合わなくても、
使えないということはないからだ。

逆にポリウレタン製はラテックス製と比較すると、
伸縮性に劣るので、サイズに気を使う必要がある。
きついと最悪装着できないし、
緩いと最中に脱落するリスクがある。

お相手のサイズをしっかり把握していればいいが、
それなりの経験を積んだ女性でないと、
相手のサイズがどれくらいに相当するかはわからないだろう。

ポリウレタン製は、最近サガミの0.01mmと称する製品が
一部地域で限定発売されるなど、
密着感を売りにした商品展開が行われている。

個人的には、オカモトの0.02mmが定番で、
その使用時の感覚の生々しさは特筆に値する。
ただ、やはりサイズコンシャスであり、
合うサイズがない場合は選ぶのを躊躇してしまう。

ラテックス製も0.03mmの製品があって、
これも悪くない。
ただ、ラテックス製は後述するような問題があって、
定番の品がどうしても入手できない時にしか使わないようにしている。

薄さとは逆に、厚さを売りにした製品もある。
これはもっぱら早漏対策のためのもので、
お相手が早いとお悩みの女性は、
試してみるのもいいかもしれない。
難点は、サイズが標準サイズのみであることだ。
とはいえ、ラテックス製なので少々のサイズ違いは
伸縮してフィットしてくれると思う。

以下は、人目にはばかる逢瀬の場合の注意点だ。

ラテックス製のコンドームは、
「ゴム臭カット」等と表示してあっても、
やはり特有の臭いがする。
正規のパートナーの鼻がいい場合、
シャワーを浴びたくらいでは臭いに気付く場合があるので、
注意した方がいいだろう。

特に脱着時に指についた臭いは、なぜか取れにくい。
湯船につかる余裕があるときはいいが、
そうでないときは避けた方が無難だろう。

その点、ポリウレタン製は、ほとんど匂いがなく、
安心して使うことができる。

プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。