FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛美 再会(その11)

わずかな時間をおいて、
再び刺激を始める。
このまま尽き果てるまで、
愛美の身体を貪ることにした。

そのまま正常位で2回、
バックで2回、
松場崩しで1回、
最後に対面側位で1回。

スイッチが入ってしまったのか、
少し強く中を刺激するだけで、
簡単に達するようになってしまった愛美。

これだけ感度のいい女性なので、
イかされまくるという経験をしてもらうのもいい。
おそらく自分では数え切れないほどイかされたと感じているだろう。

やがて、さすがに愛美の様子に疲れが見えた。

最後に彼女がイった後、
イったとき特有の膣内の動きを堪能してから、
身体を離す。

そのまま彼女に腕枕をして、
行為の余韻に浸っていたら、
2人そろって寝入ってしまっていた。

夢も見ない完全なブラックアウトから、
唐突に目が覚めた。

眼の前には愛美の髪の毛が見える。
彼女は腕枕のまま、
いつの間にかこちらに背を向けて寝息を立てていた。

彼女の首の下から、
そっと腕を抜いて起き上がる。

枕元にスマホを見ると、
ホテルの部屋に入ってから4時間近くが過ぎていた。
結構どっぷり寝てしまったようだ。

軽くシャワーを浴び、
ソファーに腰を落ち着ける。

昼食時なので、
愛美を起こそうか迷っていると、
彼女の目がぱちりと開いた。

愛美 再会(その10)

イきかけている愛美を前にして、
敢えて追い込みをかけるような刺激を加えず、
ペースを変えずに一定のリズムで、
愛美の中を犯し続ける。

昇り詰めたくても。
昇り詰めるための刺激を与えられない愛美。
彼女はそのジレンマに身もだえる。

あえて少し刺激を緩める。
少しだけ我に返った愛美が、
本当に切なそうな視線を送ってくる。

ペースを戻すと安心したように、
再び快感に没頭していく。

そんなことを数回繰り返し、
単純な快感の強弱とは違う、より深い性感が、
彼女を埋め尽くしていく様子を眺めていた。

やがて機は熟し、
彼女の白い肌はすっかり上気して、
全身が綺麗な桜色になっている。

そろそろ頃合いだろう。
愛美の上に覆いかぶさり、
少し膝を立てて体勢を作った。

といっても、一気に追い込みをかけることはせず、
じわじわと刺激の強さを増していく。
その刺激を貪欲に受け入れて、
自らの快感を高めて行く愛美。

ついに、刺激の強さが彼女の臨界点を超えて、
愛美が性感の頂きに昇り詰める。

「あっ、ああっ、いっ、いっ… ーーっ!」

私の首を両腕で強く抱きしめて、
彼女が深く強く達した。

愛美 再会(その9)

「ぅあっ…」

一番深いところを突き上げられた愛美が声を上げる。

再び彼女の尻をしっかりと掴み、
彼女に突き立っているペニスの角度に沿って、
ゆっくりとスライドさせる。

少し緩んでいたペニスも、
愛美の淫肉の刺激に、
従前の硬度を取り戻し、
彼女の中の肉壁を強くえぐる。

愛美はすぐに眼を閉じて、
快感に没頭し始めた。

彼女の肉の感覚とその淫らな表情に、
劣情を刺激される。
もっと激しく抱こう。

そのまま彼女を仰向けに寝かせ、
正常位の体勢になる。

両脚を大きく開かせて両腕で支える。
体重を乗せた大きく強いストロークで、
愛美の中心部を繰り返し貫いた。

「ああっ、あっ、あっ…ああーーっ」

意味をなさない叫び声をあげて、
感じている快感を表現する愛美。

微かに隣の部屋から聞こえてくる
女性の嬌声と競うように声を上げさせる。

愛美の足首を両手でつかんで大きく開き、
腰をすくいあげるように突き上げる。

やがて、彼女の声が上ずってきた。
すぐにイってしまいそうだ。

愛美 再会(その8)

前回の逢瀬では、
出産後初めてイけたと話していた愛美だったが、
特にイきにくいという印象はなかった。

今回はさらにイきやすくなっているようだ。
こちらの予想よりも、
ずっと容易に壁を超えて昇り詰める。

私の上に倒れ込んでしばらく動かなかった愛美。
ようやく呼吸が落ち付いて身じろぎをする。

彼女の身体を起こし、
私も状態を起こして、
対面座位の姿勢を作った。

たっぷりとキスをしてから、
上気した顔を見合わせる。

「ずいぶん、あっさりとイっちゃいましたね?」

「…すごく、よかったです。あ…」

もちろん、身体はまだ繋がったままで、
互いのちょっとした動きが、
敏感な部分を通じて伝わり合う。

「ちょっと休みますか?」

返事をしない愛美。

「…もっとしますか?」

言葉の代わりに両腕を私の首に回し、
唇を重ねてくる彼女。

ひとしきり、好きなように唇と口内を貪らせてから、
彼女の尻を掴んで、少し上に持ち上げて、
そのまま落とした。

愛美 再会(その7)

愛美の表情を見ながら、
彼女の中に出入りする感覚を楽しむために、
ゆっくりと大きく腰を遣う。

下から突き上げられる感覚は、
ただでさえ敏感な彼女の内側を
効果的に刺激する。

最初はされるままだった愛美も、
中の気持ちいところに当たるよう、
微妙に腰をくねらせ始めた。

さして強く刺激をしたわけではないが、
ほどなく愛美が分泌した液体で怒張が根元まで濡れ、
横溢した液がグジュグジュと湿った淫靡な音を立てる。

「すごくいやらしい音がするね。
こんなに濡らしちゃって…」

とろけた表情で嬌声を上げ続ける愛美に話しかける。

「あっ… はずかし… んぁっ…」

彼女は、すでに忘我の境地に入りつつあり、
ちょっとしたやりとりも難しくなってきた。

そろそろ一度、昇り詰めさせておこう。
愛美の腰を掴み直して、
徐々に刺激を強めて行く。

内から湧き上がる快感に
逃げ場を求めて身体をよじらせて悶える彼女。
そうさせないように、腰をしっかりと両手で固定し、
容赦なく刺激を送りこむ。

ついに愛美の両腕が自分の身体を支えきれなくなり、
私の上に倒れ込んだ。

健気に体勢を立て直そうとする彼女を押しとどめ、
両腕で上半身をしっかりと抱きしめる。

先ほどよりさらに逃げにくい体勢になったところで、
彼女の中にさらに強く連続して怒張を叩きこんだ。

「ああっ! あああっ! いっ… いくっ… ああーーーーっ!」

甲高い声を上げて、彼女が昇り詰める。
それに合わせて、鋭く深い刺激を何度か突き入れる。

愛美が、精一杯高く長く昇りつめるのを、
抱きつく彼女の腕の力に感じて、
ゆっくりと刺激を止める。

そのまま、愛美の重さを感じながら、
彼女の呼吸が落ち付くのを待った。

まだまだ始まったばかりだ。
プロフィール

斉藤 ジュン

Author:斉藤 ジュン
逢瀬を重ねるたびに快感を深めていく女性の姿を綴っていきます。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

お名前(ニックネームで):
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

うちのM妻晒します

Eri's blog  耽美と羞恥の裏日記

盗撮deep-エログ画像-

等式

理系Sの牝奴隷には言えない話

OL夢華の秘めごと遊び

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

愛奴の小部屋

サド那智の名古屋変態放浪記~鬼畜サディスト地獄のマゾ奴隷狩りSM調教愛知編~

まこの記憶

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

SM雑記 ~銀の月~

逢瀬日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。